2014年11月25日火曜日

至高のハイレゾ音源 - ワオンレコード取扱開始



大阪で小伏氏が主宰されている「Waon RECORDS/ワオンレコード」はまさに作り手の顔が見える「Made In Japan」の名に恥じない音楽レーベルです。
私自身このレーベルを知ったのは以前PCオーディオで有名な「ON爺」こと御田照久氏にご紹介頂いたのがきっかけです。

小伏代表はホームページの写真からもその温かいお人柄が十分に伝わってくるのですが、実際に電話でお話をすると更にその感を強くするのはきっと私だけではないはずです。

そんな小伏氏が陣頭指揮をとって製作されたハイレゾ音源を聴くと海外サイトからのダウンロード音源は「あれって本当にハイレゾなの?」と首をかしげたくなるような気にさえなってしまいます。
本来、ハイレゾ音源はネット配信から入手できることが大きなメリットの一つとなっていますが、やはり丁寧に焼かれたROMからの音源は一味も二味も違います。

添付されているライナーもまたPCオーディオ好きにはたまらないものがあります。


文字が小さく読みづらいかもしれませんが、ワオンレコード初のジャズ作品となる「I Thought About You / Kazuhiko Takeda Trio」のライナーです。
アンテロープ、ワイス、プレクスター等々、私達のPCオーディオにリンクする機器メーカーの名前が並びます。
アナログ時代でしたらウエストレックスのカッティングヘッド、アンペックスやスチューダーのテープレコーダーと言うところでしょうか。
少し話はそれますがスチューダーと言えば以前「マークレビンソン・スチューダー」というものがあり、これは当時スチューダーの録音/再生アンプに満足がいかなかったマークレビンソン氏がその部分を自社のアンプにモデファイしたといういかにも音の良さそうな製品でした。
確か当時RFエンタープライズ経由で少量日本にも入ってきていたと思います。

話をワオンレコードに戻しましょう。
さらにこれらの音源のダウンコンバージョンには、その音質に誰も異議を唱える人はいないであろう(御田さんだったらどうでしょうか?)サンプリングレート・コンバージョン・ソフトウェア ワイス「Saracon/サラコン」が使われているというのもそそられる部分ですね。

我家のシステムMac→Audirvana Plus→Weissで聴くこれらの音源は「何も足さず、何も引かない」という言葉がまさにぴったりと当てはまる深く潔い音世界を眼前に展開してくれます。
ジャズは「ガツンとくればそれで良し」のような風潮がありますが、この音源は「それ以外にも大切なものがあるんだよ」と私に語りかけてくれているようなそんな気にさせられます。

そんなハイレゾですがほんの3~4年前までは何か特別なもののように取り扱われていましたが今やオーディオ誌以外でも特集が組まれるような時代になりました。


つい最近発売されたモノマガジンにも「モノマガ的秋の音楽祭/ハイレゾ集中講座」なる特集が組まれていました。
ここまで身近になってきたハイレゾを聴き手に「ふーん、この程度か」と思われてしまうのも、「やはりCDとはずいぶんと違うんだな」と思わるのもソフトの力が大きなウエイトをしめるのだと思います。
ワオンレコードさんにはこれからますます日本人にしか作りえない音世界をハイレゾという土台の上でどんどんと広げていってほしいと願います。

こんな素晴らしいな音世界を展開するワオンレコードのハイレゾ音源(DVD-ROM)をピュアブックショッピングサイトの「ピュアブック・セレクト」で取り扱うことになりました。
是非、私達とワオンレコードのハイレゾ音源の深淵な世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

SPECIAL THANKS to

Waon RECORDS

株式会社 ワールドフォトプレス



2014年11月19日水曜日

冬の夜 古いロレックスを愛でる



20数年前、我が家にふとしたきっかけでこのロレックスはおとずれました。
その時すでに古いモデルだったので恐らく製造されてから現在に至るまで50年程度の月日が流れているはずです。(確か当時日本ではロレックスではなくローレックスという発音だったはず)

サイズはボーイズサイズ。日本では相物(綴りは定かではありませんが「あいもの」)というモデルです。正式なモデル名はROLEXのロゴの下の文字から「SPEEDKING」であることが分かります。
これはロレックスのベーシックモデルで現在も製造されているモデルのはずです。

手巻き、低いビート数、濃い藍色の日付表示がないバーインデックスの文字盤、バーインデックスは3、6、9時の3本のみ中心部分を僅かに膨らませた樽型。
ブレスレットは古いロレックスの特徴でもある側面から見ると「コマ」の折り返しが見えるタイプ。
そして私が古いモデルで最も気に入っている部分が「風防ガラス」。
現在のモデルは耐久性等を加味してクリスタルガラス、表面のシェイプは平面が使用されていますが、この当時は樹脂製の横から見ると丸みを帯びたシェイプの風防が標準となっています。当時はサブマリーナ等のスポーツモデルもこのタイプの風防を採用していてそれが古いタイプのロレックスの味わい深いフェイスに一役かっているのは間違いないと私は思っています。

古いロレックスは時代に関係なく人気を集めているようですが、最近は機械式高級時計のブームが新製品、アンティークを問わずにわかに再来しているようです。


モノマガジン11月16日号 No.725 62ページにも「ANTIQUE ROLEX ON TIME」という特集が組まれています。左の写真はまさに樹脂製の丸みをおびた風防が装着されたサブマリーナですね。

パテックもバセロンもアンティーク物は確かに素敵です。しかし日常使いにするにはあまりにもデリケートすぎるのです。
その点ロレックスは元々が「労働者のための丈夫な腕時計」を標榜して作られたのでアンティークといえどよほど無謀な取り扱いをしなければ十分に実用品となります。
いまだパーツ類も専門店等が相当数ストックしているようなので修理もほぼ可能です。

30年程前、私にも腕時計ブームがありました。その時もやはりモノマガジンやビギン等の書籍ではロレックスの特集が組まれており、穴のあくほど記事を読みふけったことを思い出します。


私はマイルスディビスの「KIND OF BLUE」に関する新刊がいまだ発行され続けているのと何か通ずるものがあるのを感じてしまいます。
釣りは「鮒に始まり鮒に終わる」と言いますが、腕時計はロレックス、ジャズはマイルスに始まり、そして終わるというのはちょっと無理なこじつけでしょうか。

そんな様々な想いを私に与えてくれるロレックスは今日も家内の腕で低いビート数と共に時を刻み続けています。


2014年11月13日木曜日

第73回ビクトリーショーで出会った小粋な小物 - ミニチュアハンドガンストラップ



今回ご紹介するのはGun好きならきっと気になるハンドガンをモチーフにしたストラップ(根付)です。
これはビクトリーショー2014で偶然知り合った羽村工房を主宰される羽村氏の作品で一言でストラップという括りではもったいないほどのこだわりと精密感を持った製品となっています。

ここで少し製作過程をご紹介しましょう。


何だかどこにでもありそうな道具、材料と一般家庭には絶対なさそうな道具が混在しています。
あとこれに主材料となるレジンが加わります。


レジンをよく混練します。この時無意識のうちに銃の形に練ってしまうそうで、確かにすでに銃の形(ハンマーの部分が少しせり出した)になっているのが分かります。


モデルとなる銃のアウトラインをルーターで削り出してゆきます。実際この作業を目の当たりにすると「全く躊躇することなくどんどんと削ってゆく」という表現がぴったりの手さばきで、銃のディテールが完全に頭の中に入っているということを感じさせます。


モデルガンのグリップを参考にチェッカリングも精密に削り出してゆきます。


最後に銃口の穴あけをして切削作業終了です。


切削後、レジン素地色の状態ですがもう何となく銃の種類が分かりますね。


着色してM1911風モデルの完成です。この後マガジン後端の突起部分にストラップを取り付けて製品となります。



私はこのように製作者の顔が見える「Made In Japan」の製品が大好きで今回の羽村工房さんとの出会いを非常に嬉しく感じております。
なおこれらの製品は今後ピュアブックのショッピングサイト内「ピュアブック セレクト」で取り扱ってまいりますのでどうぞご期待ください。

やはり「Made In Japan」は最高です。

Special Thanks to 羽村工房