2014年8月28日木曜日

第24回 APSカップ東京本大会ハンドガンクラス観戦 - APSが真のスポーツとして認識された瞬間



今年もAPS競技をこよなく愛する選手にとって一年間の集大成の場ともいうべき「第24回APSカップ東京本大会」が8/23(土)・ライフルクラス、8/24(日)・ハンドガンクラスの2日間にわたって開催されました。

なお例年開催会場となっている都立産業貿易センター台東館が改修工事で使用できないため今回は練習会や公式記録会でお馴染みの「すみだ産業会館 サンライズホール」での開催となりました。


少々こじんまりとしたインフォメーションボードですが大会ポスターはその力強い存在感を十分にアピールしています。


向かいの大通りでは亀戸天神の例大祭の神輿がねり歩きこれから始まろうとしているAPS競技とまさに「静」と「動」のコントラストを見せています。
この神輿パワーが各選手に普段以上の力を与えてくれるといいですね。

さてそろそろ会場へと向かいましょう。


大会会場はインドカレー屋さんがあるフロアとしてもお馴染み「8階 サンライズホール」です。


エレベーターを降りるといつも受付を行っている「廊下」のような空間のパーティションが取り払らわれいきなり選手の控え席が眼前に広がります。



神輿に見とれていて会場入りが少々遅れたため参加者の順番待ちの列はなくなっていますがエントリーには関氏をはじめ見慣れた顔が並びます。
家内が尋ねたところ今回は「華」となる女性スタッフがいないとのこと。ちょっと寂しいかな・・・。




そんな気持ちを胸に弾速検査レンジに向かうとちょうど女子選手が検査中。一発で難なく検査をクリアし「チェック済み」シールがグリップに貼られます。
やはり女の子の競技銃はグリップも含め柔らかな色調でオシャレ感が漂います。以前取材したクレー射撃の練習会であるお姉さまから言われた「こういう競技でも女性らしいオシャレの演出は大切よね」の言葉を思い出します。


検査を終えた各選手はグループ別に試射を行ってゆきます。
ちなみに競技の運営ですが前半がオープンサイト部門、後半がフリーサイト部門となっていて表彰式もそれぞれの部門個別に行われます。



そんな中に競技銃のグリップから足元までピンクで統一し、マニキュアの色もカラフルな女の子を発見。
お父さんの指示を受けながらターゲットを見つめる眼は真剣そのもの。このような女子選手がどんどんこの世界に入ってきてくれるとAPS競技に「真剣勝負の中にも華やいだ雰囲気」がプラスされ非常に良い環境が構築されてくるのではないかと思うのは私だけでしょうか。


カメラを向ければこんなチャーミングな笑みを浮かべてくれる素敵な女の子です。
試射の時とは眼が全く違いますね。

そして今回このような18歳未満の年少者でもAPS競技に積極的に参加できるようになった見解を東京都より頂いたとの発表がJASGよりありました。


内容は「18歳未満の青少年であっても、競技用エアースポーツガン(公式認定競技銃)を資格を持った指導員の管理のもと、安全の確保された限られた施設において使用する場合は東京都条例の有害指定玩具ではなくスポーツ用具として認識する」とのこと。

これは本当に大きな一歩でAPSに興味を持ちこれから実際に競技を始めたいと思っている青少年にはまさに願いが天に届いたといっても言い過ぎではないプレゼントとなるのではないでしょうか。

そして東京都からのこの通達を受けたJASGでは「エアースポーツガン安全射撃指導員」制度を発足させスポーツ射撃の健全な育成、普及に更に努めてゆくとの発表も併せてしています。



そろそろ開会式が始まります。前田理事長の挨拶に続きお馴染み鈴木氏による競技における注意事項の説明が行われます。前記した見解を東京都より頂いたことから銃口管理(マズルコントロール)に関しては更に厳格なルールで対処してゆくことも併せて説明されていました。

詳しい競技の概要などについてはこちらをご覧ください。


今回は左からシルエット、プレート、ブルズアイと各レンジが従来と逆配置になっています。この辺がデリケートな競技のAPS、各選手にどの様な影響をもたらすのかも興味あるところです。


すると控え席の方からあまりにも存在感がありすぎの選手がこちらに向かって歩いてきます。
この方、大阪の夏秋ミュージックオフィスの夏秋茂実(なつあき しげみ)さんと言い音楽家の方です。(お名前はれっきとした本名だそうです。)
コマーシャルソングなど多岐にわたり活躍されており作品リストの中には私達がよく知っているコマーシャルソング、ドラマのテーマソング等もありました。國友銃砲火薬店の花火大会の音楽も手がけたとのこと。
そして気になるこの衣装はただの「普段着」で私達のTシャツ+ジーンズと同じ感覚だそうです。


書類の自己紹介欄やラジオ番組のインタビューでは趣味「射撃」と明言しているそうで、立派です。


手元から何からすべてこの雰囲気で統一されています。

各レンジ前の椅子にはそれぞれの面持ちで競技開始を待つ選手の姿があります。


少しナーバスな感じのリスキー氏。


先ほどのピンクがお似合いの女の子。カメラ目線をくれました。


近代3種競技をはじめいつもお馴染みの女性の選手。


「普段着」の夏秋氏も真剣なまなざしでレンジ方向を見つめています。
踵のあるこの靴ではバランスをとるのも大変そうですが。

競技が始まりました。それぞれの選手の射撃を見てみましょう。


リスキー氏。この選手は間違いなく現在のAPS競技を牽引している選手の一人でしょう。バックボーンにも心惹かれる選手です。


水泳、ランニング、射撃を組合わせた複合競技「近代3種競技」に出場している加藤氏。
全ての種目がバランスよくこなせないと表彰台に上がることができない奥深い競技です。
9/7(日)には近代3種千葉大会が開催されるので最終調整に出場されているのでしょう。


こちらの女性も近代3種競技では有名な選手です。「生涯現役」を地でいっているような素敵な方です。


ピンクがお似合いの女の子もシューティングレンジにひとたび入れば男性も顔負けのシューターに変身です。鋭い目つきで15枚のプレートを狙います。


ダットサイトでブルズアイを撃つ夏秋氏。シルエット射撃のプローン(伏射)ではやはり先の尖った革靴では撃ちにくかったとの談話が入ってきました。



ブルズアイ射撃終了後の採点風景です。射撃に満足がいった選手、いかなかった選手みな真剣な面持ちで集計が出るのを待ちます。


残念ながら今回も優勝を逃してしまったリスキー氏。ありきたりながら「残念でしたね」の私の一言に一呼吸おいて「僕にはまだ技術が足りないんだ」と。
はっきりと自信の精神論が語れ、自分の力を客観的に分析できる能力を持ち合わせているこの選手はやはりその学生時代の経験が利いているんだと実感させられました。

個別の競技も終了し残すはグランドチャンピオン戦のみとなりました。



今回はプレス用のサービスカットということで特別にレンジ内からの選手撮影が許可されました。
普段はレンジ内で銃口の前に出ることなど御法度中の御法度なので貴重なカットかもしれません。


激戦を制したのは小林選手。APSをやっておられる方は勿論、ガン&ミリタリーイベントに足を運ばれている方々にも有名な顔ですね。

長時間にわたり熱戦を繰り広げた第24回APSカップも後は表彰式を残すのみとなりました。
そろそろみなさんお疲れの様子で・・・


疲れていてもカメラを向けるといつもの笑顔の前田理事長。


何を話されているのか日本近代五種協会 市川事務局長。

さあもうひと頑張り表彰式に移りましょう。




前半に行われたオープンサイト部門の表彰風景です。
ジュニア賞、シニア賞の表彰もありホビーショップ・フロンティアさんからの「超ヒエヒエ 北極流しそうめん しろくまファウンテン」などの副賞に会場内が笑いで溢れていました。




後半に行われたフリーサイト部門の表彰風景です。
こちらも殊勲賞、敢闘賞などの副賞に「電動かき氷機」や「ふわふわなめらか 台湾スイーツメーカー」などが副賞となっていてまたもや会場大うけでした。

各部門の競技結果はJASG 日本エアースポーツガン協会のホームページをご覧ください。


最後にグランドチャンピオン小林 拓選手の表彰で締めくくられました。


そして恒例の集合写真で第24回APSカップ東京本大会のフィナーレです。
みなさまお疲れ様でした。

「JASG公式認定競技銃が一定の基準を満たした使用に関しては有害指定玩具ではなくスポーツ用具として認識する」との公式見解が東京都から出されたタイミングで開催された第24回大会。
来たるべき2020年東京オリンピックで射撃競技にチャレンジしようとしている青少年にとって大きな励みになる発表だったのではないでしょうか。
また生涯チャレンジできるスポーツとしてレンジに立つシニアの選手、頂点に向かって日夜技術力アップに余念がない本格的な選手、今日が初めてのAPS競技会だという超初心者の選手、それぞれの選手がそれぞれのスタンスでルールさえ厳守すれば「スポーツ射撃」の世界を堪能できるAPSがこの東京都の公式見解を機に更に裾野が広い競技として発展してゆくことを願います。

SPECIAL THANKS

JASG 日本エアースポーツガン協会

有限会社 マルゼン

株式会社 ケーエスシー

VERY SPECIAL THANKS

選手のみなさま


2014年8月15日金曜日

豊和精機製作所主催 第一回エアライフルスクール in 笠間 - こういう射撃会もありだね! !



眉唾銃砲店の愛称でお馴染みの(有)豊和精機製作所の佐藤氏より「エアライフルスクールを開催するので取材にいらっしゃいませんか。」のお誘いがあり、最近射撃会を取材するのが三度の飯(古い表現ですみません)より好きになっている私達は二つ返事で快諾し、いつも通り家内とお邪魔させて頂くこととなりました。

今回は楽しく、そして有意義だったそんな一日をこれから射撃を始めようと思われている方、初心者の方が読まれても分かりやすいように紹介してゆこうと思いますので写真も多く少々長くなりますが最後までどうぞお付き合いください。

開催日は8/9(土)、そう大型で強い台風11号がまさに関東地方に接近しようとしていた時。「ひょっとしたら中止の連絡がはいるかもしれないね。」などと話しているうちに当日に。
すると少し雲が多いながら雨、風もなく「これは、イケソウ」と早朝4時過ぎに自宅をスタートです。

目指す射撃場は「笠間」の愛称で親しまれている「茨城県狩猟者研修センター射撃場」
北関東自動車道 友部インターより15分の(この15分がくせものでしたが)場所に位置した緑豊かな趣のある射撃場です。
高速道路を降りカーナビに案内され難なく到着かと思いきやこれです。


画面左下に射撃場の文字はあるものの道の表示がない!
まあ近くにいることだし矢印の動きを頼りにブツブツ言いながら走っていると


案内看板が見つかり一安心。ところが


今度は「通っちゃだめよ」状態の倒木。野趣あふれるというか、このような道のりを経てやっと入り口に到着です。苦労したのは私達だけかと思いきや、参加者の方々も迷いながら苦労してこの地に到着したと。これも後々の良い想い出となることでしょう。


自然公園の中に入ってゆくような道が目の前に展開されていますが看板の雰囲気は「研修センター」のイメージそのものです。


正門を入ってすぐの右手、少し小高い場所にライフル射場があります。
私達も9時前に到着したのですが、この日を心待ちにしていた参加者の方々が続々と集まりはじめています。ちなみに奥に見える工場の屋根のような形をした建屋がライフル射場です。


受付本部の設営が始まりました。
ビックリしたのは何とサイトロンジャパンの山田氏がいらっしゃったこと。今回はお互い事前に連絡し合った訳でもなくお互い驚きました。
山田氏もイベント恒例、ミニブースの設営に余念がありません。

みなさんが準備をしている合間に射場を少し見て回ります。
なお当センターは一般社団法人茨城県猟友会が運営、管理しています。


今回使用する射場は「覆道式」といって射座がいわゆるトンネル状の建屋の中にあります。
先に見えるのが50メートルの位置に設置されたターゲット用のボードです。



標的側から見るとこのような感じです。標的自体は完全に屋外となっており風の強い時などは建屋内外で弾が通過する時の環境が激変するのでエアライフルの場合は何だか大変そうな気がします。しかし上の写真などは射撃場というより何かの遺構のように見えます。


同じ敷地内にエアライフル10m射場が隣接しています。こちらは自然式と言うそうで本当に言葉通りの雰囲気です。
「ライフルなのに距離って10m?」と思い調べてみると、エアラフル10m標的の1点圏の円の直径は45.5mmで10点の部分の「点」の大きさは何と0.5mmなのですね。それならこの距離でも大変なのがよく分かりました。


そして私は最近なぜかこのような注意書きに反応してしまいます。



そろそろ参加者の受付が始まりました。佐藤氏曰く「バタバタしてしまって」とのことでしたが、いやいやそういうことも含めて参加者の方々は楽しいのです。


笑顔が素敵な「受付嬢」の皆様です。左から参加者の方のお嬢様。豊和精機、佐藤代表の御令室、そしてお嬢様です。


今回は参加者全員にペレット(エアライフル用の弾のことですね)が一缶づつプレゼントされました。これは(株)トウキョウジュウホウさんのご厚意とのことで、佐藤氏曰く「これだけで参加費の元が取れたよね」とのことです。はい。



サイトロンさんのブースも開設中から大盛況でスコープを覗く方々で賑わっています。楽しいひと時です。


山田氏も熱心な参加者の方々とのやり取りについつい熱も入り、ポーズをつけての回答です。シューター山田の面目躍如ですね。

今回のこのイベントの特徴は、講義+実技形式をとっているところです。
その講義がそろそろ始まります。


講師はもちろん「佐藤教諭」。ホワイトボードの右下に書かれていたのは「日直 佐藤」でしたが。
皆、自分の興味の対象の講義なので開始早々から真剣そのもので聞き入っています。



プレチャージ式エアライフルの構造や特性、スコープ内でレティクル(照準)が動く原理や実際の調整方法、発射されたペレットの弾道等々をホワイトボードに書かれた分かりやすいイラストをもとに順次解説してゆきます。
取材のお誘いを受けた時「当日は何を話して良いのかわからないんですよ」とおっしゃっていたようですが、いざ蓋を開けてみれば私達にも分かりやすい、手振りを交えた滑舌の良い講義で、質疑応答を含め2時間ほど有意義で楽しい時間を過ごしました。

そんな講義を射座から窓越しに見ていた山田氏を含む数名の関係者が大きなアブが入ってきたとバタバタしています。
今回豊和精機さんは季節が季節だけにこんなこともあろうかと、強力殺虫剤を二種類用意されていました。


10mクラス「ハチアブジェット」を発射するシューター山田。物がなんであろうとトリガーを引く時は真剣です。ちなみにハチアブジェットには8mタイプと10mタイプがあり10mタイプが銃タイプのトリガー式です。10m先のスズメバチもいちころのまさに「ウェポン」のような殺虫剤です。

話が大幅にずれてしまいましたが講義も終了し時はお昼ちょっと前。イベントもう一つのお楽しみランチタイムの始まりです。


今回のお弁当がこれ。まさに松華堂弁当のようなそのいで立ち。地元の参加者の方の紹介で手配されたお弁当とのことでボリュームも味も大満足の一品。これでワンコイン+αの金額なんて都心部では考えられません。デパ地下なら1,200円と言われても良いような内容です。
本当なら良く冷えたビールかワインでもやりながら食べたかったですよね。ごちそうさまでした。

お腹も一杯になってくつろいでいるところに「待っていた最後の一人の参加者が今到着しました」のコール。


それはこの方。4月のトウキョウジュウホウさんの射撃大会にも出場されていたいつも「最寄の駅」から自転車で現地まで来られる青年です。今回は最寄の「笠間駅」から心臓破りの坂を上りどれくらいの時間をかけて到着したのでしょうか。厳しかった行程はこの表情を見れば察して頂けると思います。ちなみにこの「小さな自転車」、金属、機械、油好きの私の目をなぜか引くと思いきや車椅子を専門にしているメーカーの物とのこと、細部の作りこみが違います。どうりで。
ひと休みして美味しいお弁当を召し上がってください。

ここで管理棟を少し見に行ってみましょう。


クレー射撃に来ていた方の話によると35年前の建物だそうです。

受付で写真撮影の許可を頂きました。


一階受付の様子です。天井の桟の入れかたなど何かロッジを思わせる造りです。
それよりも驚いたのは左手にある巨大な木像です。


アイヌ人とおぼしきマタギが獲物の鹿を担いでいる姿を彫ったものです。モデル、作者はいったい誰なのでしょうか。


やはりありました鹿のトロフィー。帯広で捕獲されたもののようです。


二階には剥製が展示されています。
あまりおおやけには公開していないようなので見に行かれる方は必ず受付で声掛けしましょう。

さて午後は「実技」の部スタートです。皆、愛銃を手に射座周辺に集まり始めました。



FXボブキャットで参加の方も。コンパクトすぎて銃架に置くときはこんな感じになってしまいます。このサイズで銃身長は従来のタイプと大差ないというのですから恐るべしブルパップの威力です。


まず最初に標的方向に向かって何やら「いかした物」を構えるお嬢さん。お父さんハンドメイドのスポッティングスコープ用ストック。これは目立ちます。


参加人数20名程。それに対し射座は6席のため参加者を3つにグループ分けし30分程度のローテーションで3クール射撃を行ってゆくという段取りです。


射撃の開始と終了の合図は昔消防車についていた手回しのサイレンです。担当はもちろんお嬢さん。言い忘れましたが将来豊和精機を背負って立つ「次期代表取締役」です。



サイレンの音と共に射撃の「実技」開始です。ゼロインや各部の調整も順調に進みテンポよく撃ち始める方、なかなかうまくゆかず手こずっている方など様々です。



どうやっても上手くいかない時、疑問がある時、不具合がある時は後ろで射撃を見守っている佐藤氏に一声かければ、スコープの調整からOリングの装着まで持参した最小限の工具で素早く対処してくれます。ただ老眼鏡(本人曰く遠視矯正用メガネ)を忘れたのは痛かったようです。

ここで射撃の様子を少しご紹介します。






こうやって数名見ただけでも射撃フォームは千差万別です。それも椅子に座ってレストを使って撃ってもこれだけ違いがあります。
今回の射撃を見ていてエアライフルのその音の大きさに驚きました。ニッコー射撃場では「プスッ、プスッ」といういかにも空気銃的な音が、ここでは「バシッ、バシッ」と鼓膜に残る音でイヤプロテクターがあったほうが良かったかなぐらいの音圧でした。
おそらくトンネルの中のような構造からくるものなのかもしれません。




またそれぞれスタンディング(立射)やプローン(伏射)など思い思いの姿勢で感覚を確かめながら射撃を楽しんでいる姿も見られました。


そして撃った後に避けて通れないのがエアチャージ。ハンドポンプでのチャージはまさに筋力トレーニングそのもの。「若いうちはそれでがんばれ」と周りからの声援はあるものの


やはりエアタンクからの一瞬で「シュ」は魅力的に映るようです。



30分の射撃を終了すると「赤い旗」(上の写真右側)を立て歩いてターゲットペーパーを取りに向かいます。


戻ってくる時はこのようにお互いの標的を見せ合いながら「あーでもない、こーでもない」と言いながら帰ってきます。
妙にのどかさを感じるのは私だけでしょうか。



後ろの部屋では射撃を終えた参加者が佐藤氏を囲み結果や疑問点に関するやり取りが活発に行われています。

でも時折こんな面白いことも。


自転車の青年が持参していた粋な布でターバン風のほっかむり。でもこの方れっきとした埼玉県の射撃指導員です。

ここで自転車の青年がいつも背負ってくるカラフルな銃ケースの中をちょっと拝見。


実にぴったりきれいに納まっています。この外観のバッグなら電車でもまわりの乗客に威圧感を与えることもなく良いのではないでしょうか。移動手段が電車の方は参考にしたい方法です。
射撃場についたら間違えてギターが入っていたら大うけだよねと大笑いの一幕も。

射撃に集中している方、あちらこちらを見て回っている方(自分たちのことか)、会話に花が咲いている方、何かおやつを頂きませんか?


こちらは地元の参加者の方からの差し入れ「冷たい焼きいも」。
口に含むとひんやり、そしてまるでクリームのようなトロッとしたおいもの触感。「アイスクリームに載せて食べたら最高だね」との声がどこからともなく上がるまさにスィーツな一品でした。ごちそうさまでした。



射撃終了後の「先生」です。お持ちの銃でトウキョウジュウホウさんの射撃大会で優勝をされました。操作レバーは豊和精機カスタムでチタン製さらに焼き入れしてあり虹色に輝いています。ちょっとした部分ですが写真を撮った時などは何気なく目立ちますね。

そろそろ「実技」の時間も終了に近づいてきました。
しかしここで閉会の挨拶で終わらないのが今回のスクールです。サイトロンジャパンさんと豊和精機さんから景品が贈与されそれの争奪戦がまっています。

その方法は


次期代表取締役との大じゃんけん大会。
どういう方法で抽選しようかという話が出た時、家内が冗談で「じゃんけんは」と言ったのがそのまま採用されたようです。



賞品をゲットして嬉しそうな参加者の面々。良い記念になりましたね。


最後は佐藤氏からの挨拶で記念すべき第一回エアライフルスクールが無事閉会しました。
隣に立つ次期代表取締役の時代まで長きに渡り続けてゆければいいですね。

しかし会は終了してもまだ最後の戦いが待っている方がいらっしゃいます。


それはこの方「自転車の青年」です。



「駅まで乗せていこうか」の問いに「体力が回復したので自転車でチャレンジします」と一言。
そうしてまたいつものようにギターバッグを背負い「最寄の駅」目指して帰ってゆきました。

こうして台風にも襲われず第一回エアライフルスクール in 笠間の取材を無事終了することができました。
時間、体力の許す限り射撃に専念するイベントも良し、講義を聞いて銃への造詣を深めその知識がすぐに試せるタイミングで射撃の実技に移る今回のような文字通り「スクール」もまた良しと思える体験が今回できました。
普段はおのおの有害鳥獣駆除や狩猟で山に入っておられる方々が、普段好意にしている銃砲店の音頭でこうして一つの射撃場に集まり銃についてハード、ソフト両面の見識を深めてゆくことが時折新聞で目にする猟銃による事故を減らす手助けになればなと感じました。
銃所持のテキストにも「技術の向上、維持のために積極的に射撃場を活用して・・・」というくだりがありますが、なかなか一人では行きにくいと思う方が大半ではないでしょうか。
だからこそこのようなスクールを考案された豊和精機さんが二回、三回と少しでも長く定期的に当イベントを続けてくれるようエアライフル所持者の方々に代わってお願いしたいと思います。

参加者の皆様、豊和精機の皆様、サイトロンジャパンの山田様本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

追記

朝4時過ぎに家を出た私達も結構疲れたので「何か甘い物でも」と守谷サービスエリアへ。



スターバックスコーヒーのキャラメルマキアートとシュガードーナツでちょっと一息。
これで本当に私達の「第一回エアライフルスクール in 笠間」が終了しました。

SPECIAL THANKS to

有限会社 豊和精機製作所

株式会社 トウキョウジュウホウ

株式会社 サイトロンジャパン

茨城県狩猟者研修センター射撃場

VERY SPECIAL THANKS to

参加者の皆様