2013年10月28日月曜日

ウォー&ピース・リバイバル 2013



Gun Magazinne 12月号に我々も枢軸友軍として同盟関係にある「カンプバタリオン!!」松下総統が参戦した「THE WAR AND PEACE REVIVAL 2013 - ウォー&ピース・リバイバル 2013」の戦況報告が掲載されました。
松下総統が欧州戦線と位置づけるこの戦いには、総統としてではなく武装親衛隊軍曹カンプ義勇兵としての参戦のようです。

昨年までは「ウォー&ピース・ショー」として開催されていた様ですが、今年から名称も新たに会場もドーバー海峡近くのウェストナンガー駅すぐの元競馬場跡地での開催となったようです。
何だか映画「史上最大の作戦」をイメージさせますね。


奪取したのか敵国戦車「M4 シャーマン」の前で佇む日本人ドイツ兵軍曹 松下氏。
このような楽しい写真、貴重な写真及び、ためになるキャプション満載の欧州戦線参戦レポートです。是非ひと時参戦気分を味わってください。

次はカンプバタリオン!!大本営が秘かに召集した日本人ドイツ兵のパーティーの様子をピュアブック所属特殊工作員が秘密裏に入手したのでその一部をご紹介します。
(枢軸友軍なはずですがここでは秘密裏に潜入したというほうが雰囲気でしょう。)


この天井の低さから察するに都内某所の地下と思われる一室で10/19に開催された模様です。


どこから集まってきたのでしょうか、時間は定かではありませんがかなりのドイツ兵が集まっています。


松下総統が何やら演説を行なっています。今後の党の運営方針でしょうか。音声までは取ることができませんでした。


上級階級の方も参加していたようです。我が工作員も気づかれないようにと必死の撮影です。

工作員からの報告によると女子ドイツ兵の姿も複数確認できたとのこと。




何か色っぽい女子ドイツ兵がいたりとドイツ軍も変わりました。これで厳しい戦場を戦いぬいてゆけるのでしょうか。少々心配です。
絶対タミヤの1/35スケールモデルにはならないでしょう。
その中にあってギル女史は正統な出で立ちですね。

更に注意深くあたりを見回すと


イラストレーターの小林源文氏が総統と歓談しているところを発見。一枚撮らせて頂きました。
この頃になると皆さん美酒に酔いしれ、我が特殊工作員も自軍の報道員も区別がつかないようでカメラを向けると気軽に撮影に応じてくれました。
ご興味の方はこちらを

http://www.genbun.net/

この後、どれ位パーティーが続いたかは定かではありませんが、我が工作員は捕らえられないうちに無事会場を後にしたということです。

次は前回のブログで紹介したMG34重機関銃の銃弾装填機の新しい写真データを傍受したのでご紹介します。


本体、それとホッパーなどこれが一式です。


本体にホッパーとハンドルを取り付けた状態。


ホッパーに銃弾を入れ装弾子(銃弾ベルト)を装着した状態。
この状態でハンドルを回すと向かって右側から左側へと銃弾が挿入されたベルトが送り出されるという仕組み。
右側は空の銃弾ベルトであることがこの写真で確認できます。


ホッパー及び銃弾、そして銃弾ベルトの位置関係がこの角度から見ると良く分かる。


そしてこちらが空の銃弾ベルトと銃弾装填済みの銃銃弾ベルト。
なかなか合理的なシステムです。


今回「ウォー&ピース・リバイバル 2013」の記事を読むと、欧州の戦争に対する考え方と日本を含むアジアのそれに対する考え方に非常に大きな違いというか溝があることを痛感させられる。
日本は敗戦という苦い経験があるので、戦勝国である欧米とはその感情の違いが大きく違うことは十分理解できる。
しかし同じ敗戦国で「今世紀最大の嫌悪」といわれるナチス・ドイツ時代を経験しているドイツ人の方々も多数、本イベントに参加しているという事実がここにはある。
更にはドイツ軍と連合軍の戦闘模様を再現したアトラクションまでが行なわれている。変えることができないドイツ軍が敗北するという歴史的事実通りに。
はたしてここに日本人が日本軍として参加してこのようなアトラクションを演じることができるであろうか。私は「ノー」だと思う。
歴史的事実をこのような大きな「戦争」イベントを通じ皆に広め「動」として伝えてゆくのか、自分の心の中にしまい込んで、時に静かに語り「静」として伝えてゆくのか、偉そうなことを言うわけではないが、これはもう国民性ひいて日本人の遺伝子にに刷り込まれた思考の違いなので、今後何十年、何百年たっても変わることはないものと思う。
だからこそ、松下氏のように一日本人としてイベントの中に身を投じ、その目線で世界の過去の「戦争」への考え方、触れ方を紹介してくれる人は貴重だと思う。

貴重な報告どうもありがとうございました。

最後に記した文章は私個人の考えであり日本人全てに共通した認識ではないことをお断りしておきます。

2013年10月22日火曜日

カンプバタリオン!! 大本営訪問-2



カンプバタリオン !! 松下総統からのお誘いで大本営への再訪を家内と共に敢行した。
大本営内部は相変わらず宝の山状態でドイツ軍、ミリタリーマニアにはまさに陶酔の世界が展開されている。
トップの写真は松下総統の「私服」。売り物ではないのでご注意を。
(大本営訪問のブログ中の写真に写っている品々は商品ではない物(いわゆる参考品)も多々あるので併せてご注意ください。)

今回訪問の目的の一つは、今カンプバタリオン!!で人気のエコバッグを入手することでした。


ドイツ国防軍陸軍 1944年型運搬袋をモチーフにした物です。
生成り生地を使った丈夫なトートバッグで長めの持ち手が付いているので手持ちでも肩掛けでも使える便利なバッグです。
小さく折りたためるのでサブバッグとして持ち歩きもO.Kな感じです。

実物の運搬袋はこちら。


当時はジャガイモなどの農産物を運んだりと多用途につかわれたマルチパーパスないわゆるズタ袋です。


裏面の印刷はこの様になっています。本品は1941年モデルで両面プリントとなっていますが、確か1943年だか1944年からは表面だけの片面プリントになったようなことを松下総統がおっしゃっていました。(年代の記憶があいまいでスミマセン)

そのような事実から


1944年仕様の本製品も裏面にはプリントがありません。時代考証を大切にしているカンプバタリオン!!のこだわりがこの様なライトな商品にも生かされています。

商品が気になる方はこちらをどうぞ。

http://www.kampfbataillon.com/cgi-bin/shop2frame.php?PPPID8=703d018a6c59e4f6402747aea258361b&s0=121063106701&v=20&a=0&f=0&g0=060624190755&g1=003001000000000#a_top

次は今回見せて頂いた興味深い品々をいくつかご紹介します。


ファーストエイドキット(救急箱、救急ポーチ)に入っていたと思われるバンテージや消毒用アルコールのビン、そして当時のマッチ等々。
最近にわかに人気が高まってきている品々だそうです。(実使用はやめたほうが良いと思いますが)

当時はこのようなポーチに収まっていたのでしょう。


皮製のしっかりした造りの救急ポーチです。これは実物ですね。

次は私が大好きなMG34重機関銃関係の品です。


当時MG34重機関銃 機関銃手(ガンナー)が携行していたいわゆる「ガンナーズポーチ」
芯が入ったしっかりした皮製のポーチにMG34をメンテナンスする必要にして十分な品々がセットされています。
ジャミングを起こしたときにカートリッジを抜取る工具、銃身を交換する際に使用する耐熱性の布、そして私の大好きな「対空用サイト」までがセットとなっています。
その他にも油さしなども入っています。
これらの品々で感心したのは、どんなに小さい物にも全て「バッフェンアムト検査刻印」が打たれています。さすが几帳面というかお堅いゲルマン人というところでしょうか。
ちなみに弾薬箱一つとってもその刻印があるそうで、この刻印があるかないかで価値に雲泥の差があるそうです。


このポスターの機関銃手、右腰についているのがこのポーチであす。このほかに予備銃身を入れた「銃身ケース」を背負って携行するそうですが、第二機関銃手が弾薬箱と共に携行することが多かったそうで、このイラストのモデルは背負っていません。

続いてはこちら


この写真を見てすぐに何だか分かった方は相当なMG34好きでしょう。
簡単に言うと「MG34用弾薬装填機」とでもいうのでしょうか。
バラの銃弾を銃弾ベルト(装弾子)にセットするための器具です。写真だけですと説明しにくいのですがハンドルのついた本体に手前にあるホッパーを取り付け、空の銃弾ベルトをセットし、ホッパーにバラの銃弾を入れ、ハンドルを回すと銃弾ベルトに銃弾が自動的に装填されるというもの。

初期のドイツ軍は撃つとバラバラになる装弾子(右側に装弾子が落ち、空薬莢は下方に排出される)を用いていたが、後になって永久連結型ベルトを採用した。
この利点としては小銃弾と同じ実包を使用する機関銃ならば小銃弾をベルトに再装填することが可能であるというところにある。
(Gun誌 1964年12月号参考)

このようにめずらしい品々を見せて頂きながら、それらに付随する「あーんなことや、こーんなこと」も伺っていたら今回も4時間という時間が過ぎてしまいました。
同年代ということもありますが、モデルガンにも造詣が深い松下総統のお話は我々にも勉強になるところが多くとても有意義なひと時なのです。
こんなカンプバタリオン!!及び松下総統とは今後も枢軸友軍として同盟を結び続けたいと思っています。

貴重な時間をさいて頂き、また長居させて頂きありがとうございました。

2013年10月16日水曜日

ハイエンドショウ トウキョウ2013 AUTUMN & WINTER



去る10月11日~13日の3日間、有楽町「東京交通会館12階」で行なわれたハイエンドショウ2013 AUTUMN & WINTERを家内と共に訪ねた。

例年であれば春、秋2回の開催であるが今年の春は「諸般の事情」ということで急遽開催が中止となったことはオーディオファンの方々はすでにご存知だろう。


今回訪れるきっかけとなったのは我家で進行中だった「オーディオの断舎離」もマランツ7と8Bをトライオードのインテグレーテッドアンプに入れ替えたことでほぼ完了し、その新規導入したトライオードが出展するということで「ちょっと覗いてみようか」的な思いからである。

このショウは入場無料なので入り口でパンフレットとアンケート用紙を受け取りすぐに会場内に入れる。そしてトライオードがデモンストレーションを行なっている「A Room」に向かう。


ちょうど13:00からのデモンストレーションが始まったところで代表の山崎氏が3極管を手にその仕組みを分かりやすく説明している最中だった。
説明の合間合間に試聴タイムを設けての進行であったが、その演奏時間もほど良く手際よくデモンストレーションが行なわれていた。


今年が創業20周年ということだが、ビギナー向けからハイエンドまで圧巻の製品構成である。
やはり「継続は力なり」でひたすら「真空管」機器を追求していった結果であろう。
我家のアンプもそうであるが、必要以上の発熱もなく「余裕をもった動作」であることが実感としてよく分かる。そしてサービスを担当している方々の電話での応対も良い。この様に製造者の顔や姿勢が見える製品が一番安心なんだということを我々に教えてくれる数少ないメーカーの一つだと思う。



ブースの左手にはトライオードの基本理念である「作る楽しみ」を具現化しているキット製品も展示されていました。
特に下の写真TRK-1(プリアンプ)は信号回路を手配線としたモデルでマニアの方々からも歓迎される新製品ではないでしょうか。勿論ファクトリー組み立ての完成品もありそちらをチョイスすることも可能です。近日発売予定となっていました。


そして気になる製品をもう一つ。トライオードが日本総代理店をつとめる「PSVANE」の真空管。中国製真空管の「安かろう悪かろう」の図式をくつがえすに十分なクオリティーがその外観、仕上げからも確認できます。
ヴィンテージ管を寿命のことを気にしながら日々使用するより性能、品質共に飛躍的に向上した現行管を使用することに躊躇なく移行できる実力をもった真空管ではないでしょうか。


そしてもう一つ光城精工のアクセサリー群。ちなみに光城精工の製品はトライオードが発売元となっています。


左手前にあるケーブルとピンプラグのセットが今年冬に発売されるという好みの長さに切ったシールドケーブルに初心者でも「あっという間に」プラグの取付け加工ができてしまうという優れもの。
3mのケーブルとプラグ8本のセットで10,000円弱とリーズナブルな価格設定です。

そして中央にある黒い筐体2つ。電源からのノイズをカットする「ハムイレーサー」と電源ON時の過大突入電流を軽減する「ソフトスターター」。
ソフトスターターは私自身も導入し使用していますが、真空管に対する電源ON時の精神的ストレスが激減します。特に高価な球を使用されている方や、エージングが進み良い音色になってきた球を少しでも長く使いたい方などには特にお勧めです。


魅力的な製品を続々リリースするトライオード山崎社長と会場を訪れていた魅力的な女性とのツーショット。これからも「ほほー、なかなか良いね」という気持ちにさせる製品の開発に尽力なさってください。

そしてトライオードのブースの右手に目を向けると。


洒落た佇まいのアナログプレーヤーが一堂に会している、昨年よりトーレンスの輸入代理店になったバラッドのブースです。
バラッドといえば私の大好きなアルテック604系のユニットを使ったスピーカーシステムや、ムジークエレクトロニク・ガイザインのモニタースピーカーで有名な会社ですね。


「オーディオの断舎離」でアナログプレーヤーも断舎離した我が身ですが、家内共々気になってしまったプレーヤーがこれです。TD 295  Mk.Ⅳ
コンパクトで落ち着いた品の良いスタイル。その昔TD 124というターンテーブルがそうであったようにトーレンスとは本来このようにさりげなく気品あるデザインが魅力。
マホガニーとピアノブラックの2種類の仕上げが用意されている33/45回転対応、トーレンス伝統のベルトドライブセミオートプレーヤーです。


そしてもう一台がこれ。TD240-2。
ボードの角が面取りされ、その色とも相まって柔らかさが感じられるたおやかなデザイン。
ウォールナットとピアノブラックフィニッシュ。33/45回転に加えTD124からの伝統78回転にも対応したベルトドライブフルオートプレーヤーです。

このようにデザイン的、メカ的そして勿論音質的にも優れたトーレンスのプレーヤーが標準価格で150,000円を切る価格で入手できるのです。
私はもうガラードやEMT神話から脱却しても良いのではないかと思うのですが如何でしょうか。

こんなヴィヴィッドなカラーのモデルもありました。


トーレンスの伝統とモダンが美しく融合したTD 206。33/45回転対応、ベルトドライブマニュアルプレーヤーです。


そしてTD 158。トーレンスのプレーヤーが何と55,000円程で入手できます。オーディオには取り立てて興味はないものの、レコードは聴きたい。そんな方々にも伝統のトーレンスを。
33/45回転対応、ベルトドライブフルオートマチックプレーヤー。





ショーケースの中には昔からお馴染みのレコードスタビライザーやフォノイコライザーアンプ、アナログレコードならではのクリーニングセットなどが。
写真にはないのですがコルク製のターンテーブルシートなどのつぼを押さえたアクセサリー類も健在でした。

そんなバラッドを率いる佐藤社長


バラッドのロゴよりもプレーヤー達を一緒に入れてくださいと言われたショットがこちら。
私達お気に入りのTD 295がすぐ隣になるように撮りました。
普段は音響関係の現場でヘルメットを被り陣頭指揮をとることもしばしば。朝礼のラジオ体操もお手の物とのことでした。
家内がロバート・キャパのようだと言っていたこの風貌からは想像できませんね。

なおバラッドが取扱うオーディオ機器や音楽ソフト、書籍などをおしゃれに楽しめるスペースが秋葉原駅から徒歩5分ほどにあるそうです。
名前は「Le Tabou」
詳細は下記を。

http://www.letabou.jp/

他のブースで目に止まった製品をいくつか。


イケダサウンドラボズのトーンアーム。精度感溢れるその作りは素晴らしいものがありますが、価格もそれなりにしてしまうのでおいそれとは手が出ないのは昔と変わりません。


光量の変化で発電する光カートリッジ。カンチレバーの動きがMMやMCカートリッジのように磁界に影響されないのが最大のメリットとか。
私がオーディオを始めた頃、同じ方式の物があったような気がしていたら、やはりトリオ(現ケンウッド)が「光電式カートリッジ」という名称で商品化していたとカタログに記載されていました。

今回久しぶりにこのようなオーディオショウを訪れて真っ先に感じたこと。
来場者の年齢層が格段に上がっていました。私も含め言葉は悪いですが「年寄りの趣味」になりつつあることが事実として重くのしかかってきます。
オーディオ全盛期のオーディオフェアなどは中高生(私もその中の一人)で溢れ、普段手に入らないカタログを無心で集めていた光景が今でも思い浮かびます。
我々はどのようにすれば次の世代に「オーディオ」という素晴らしい趣味をバトンタッチできるのかを真剣に考える時に来ているようです。

今回のハイエンドショウは音元出版が不参加でそれが心なしか寂しい感じを助長していたように思えます。評論家の方々を招いたり、個々のメーカーにスポットをあてイベントを行なってみたりと終日、音元出版が入る「部屋」は立ち見が出るほどの盛況振りでしたから。是非復帰を願ってやみません。

来年も各メーカーの皆様とお会いできること楽しみにしています。必ず伺いますので。