2013年4月30日火曜日

2013' GWブラックホールを観て




4月27日,28日の両日、2013' GWブラックホールに家内と共に行ってきました。会場は新春と同じ都立産業貿易センター・浜松町館です。
今回も3F,4Fの2フロアーを使った開催で3Fは18歳未満の方は入場不可となっています。

写真が少し多く長くなってしまいましたが私達がお話をうかがえたブースを順を追って紹介してゆきますので、会場の雰囲気を楽しんで頂ければと思います。

会場入り口はこんな感じです。ここで入場券を購入します。
ちなみにここから先は取材等以外は撮影禁止となっています。


小学6年生までは無料(4Fのみ入場可能)、中学生~18歳未満600円(4Fのみ入場可能)、当日のみ有効のパスポート(3F,4F行き来自由)1,200円。ここで年齢確認の身分証明書が必要となります。このパスポートがお茶目で黄色い小さな荷札のような物に輪ゴムがついているだけで、手首に付けておくようになっています。
それでは早速入場してみましょう。まず3Fからです。


新春と夏の間に開催されるGWブラックホールは規模も小さめとは言うものの、この日を指折り待っていた熱心な(コアな)マニアで賑わっています。

まず伺ったのが「むげん」さん。


旧Gun誌のバックナンバーや「銃道」などのDVDのストックでも有名な店舗です。お客様が出品商品について熱心に質問していました。

次は隣のクラフト・アップル・ワークス「CAW」さんです。


新春ブラックホールで発売間近のボーチャード・ピストルのプロトタイプを出展していて本郷社長の周りに多くの人だかりができていたのが記憶に新しいところです。
残念ながら今回はお見えになっていないようでしたが、商品についてスタッフとお客様との熱いやり取りが交わされていました。

続いて「タニオ・コバ」さんです。


やはり人気者でたくさんのお客様に囲まれていて、なかなか話しをするタイミングが取れなかった状況でした。現在開発中のGM-7専用「コンペンセーター付きコーンバレル&ブルバレル」を携えての参加でした。


続いて「Gun Shop アングス」さんです。


たくさんの商品を持ち込んでの参加でしたが私の興味の対象はこれです。






ブローニング M1919重機関銃の実物、無可動銃です。この存在感と湧き出す力強さは強烈で、残念ながらモデルガンでは到達できない世界です。ボルトを固定するための溶接が生々しい逸品でした。

続いては「コンチネンタル・ホルスターズ」さん


こじんまりとしたブースですが各種グリップ、ホルスター、銃のマニュアル各種が出品されていました。確か新春ブラックホールで私の大好きなイングラムMAC11のマニュアルがあったのもここではなかったでしょうか。(記憶違いでしたらゴメンナサイ)

さあどんどん進みましょう。
次は台湾からの出展「臥徳」さん。


男性二人、女性一人での参加のようでした。快く撮影させて頂きありがとうございました。
海外からの出展はやはりイベントに彩りを添えてくれます。
テーブルに展示されているものが何なのかを聞き忘れました。


次は「ラッキー・ポイント」さん



弾関連の小物が所狭しと置かれたテーブルです。大物が出展されているブースもそれはそれで楽しいですが、目を凝らしてみるとお宝が隠れていそうなこういう出展は私的には大好きです。

次は日本刀とミリタリー物を出展されていた「清水商会/レオパルド」さん。
やはり日本刀は何とも言えないオーラを発しており、この場所だけ独特な雰囲気を醸しだしていました。




日本刀に関しては造詣が皆無に近い私達のつたない質問にも丁寧にお答え頂きました。日本刀と言うと手入れが大変そうなイメージがありますが普段は時々油を塗ってあげるだけで良いそうです。また価格も比較的手の届きやすい物も展示されていました。

「砂鉄から作られた和鉄はさびない」(ちなみに産地は備前長船とのこと)、「刀は千年を超えて生き続けている」の言葉が心に残ったブースでした。



レオパルドさんは「表示価格の半額」のチラシを貼っていて、その中に気になったミリタリーウオッチがあったのですが他のブースにちょっと気をとられている間に売れてしまっていました。
やはりこういうイベントでは「見つけた時が即買い時」を痛感しました。

そしてGun Magazineでお馴染みの「ユニバーサル出版」さん。


4月27日はちょうど6月号の発売日で購入されているお客様も見受けられました。書店とは違いこういう場所で購入するのはまた格別な感じがするものです。帰宅してからブラックホールの興奮冷めやらぬ間に最新刊を読むのもまたおつなものかもしれません。

左手奥には非常に精巧にカスタマイズされたフィギュアと戦車が展示されていました。
どれもこれも究極的な造詣です。これらの作品と比較するのは余りにも失礼ですが、子供の頃88mm対戦車砲などを用いたジオラマを作っていたことを想い出させてくれた出展でした。




そして特設会場ではスペシャルライブが行なわれていました。



ガン、ミリタリーとは間逆な世界のような気もしますが、観客の方々はノリノリでした。
各ブースで神経を集中させている来場者の方々にとって良い気分転換ができるコーナーだったのではないでしょうか。

3Fはだいたいこんな感じで次は4Fです。その前に昼食タイムを取ります。
入り口を入るとすぐの場所にスナックコーナーがあり、ここのカツカレーはなかなかいけます。食べることに専念しすぎて肝心の写真を撮り忘れました。
このスナックコーナーのテーブルは暫しマニアの方々の歓談スペースにもなり、今日の戦利品の品評会が所々で繰り広げられています。
またテーブルのすぐ隣に特設シューティング・レンジが設営されていて食後に「撃つ」などという楽しみ方もできるコーナーとなっています。

腹ごしらえも終わったところで4Fに向かいます。


4Fは軍装品関係が中心に出展されています。

まずは「中田商店」さん。


新春は3Fでの出展でしたが今回はミリタリー衣類を中心に4Fで大きなブースを展開していました。

そこにバッチリないでたちの女性を発見。撮影をお願いするとポーズを決めてくれました。


話しを聞くとこのあと始まるイベントに出演するモデルさんとのこと。表情を作るのも上手なわけです。

そこには本物のアメリカ軍の女性中尉さんが出演するとのこと。何だか楽しみです。


左端で微笑んでいるのがその中尉さんです。腕に「AIRBORN」のワッペンがあることからすると降下兵の資格をもつ空挺部隊の方かもしれません。

これから匍匐前進(ほふくぜんしん)を元自衛官の来場者に行なってもらおうとしているところを優しく見守っている微笑が素敵です。
当たり前ですが何気ない銃の持ち方も堂に入っています。

自衛隊には複数の匍匐前進があるということでそれを披露してもらいました。






上半身の起き具合の違いが写真からお分かりになるでしょうか。米軍にはこのような複数の匍匐前進はないそうです。
しかし元とはいえ本物の自衛官、銃を構えるポーズはさすが決まっています。

写真の角度が悪いですが先ほどのモデルの女性がやると装備のせいもあり何だかイモ虫のようになってしまいます。(怒らないでください)



イベント終了後、サイン会での中尉さんの優しい微笑のワンショットです。実際の戦地(もしくは訓練?)での写真にサインをしてくれるのですがその写真の中の眼差しは全く別人のようです。


話しによるとアフガニスタンに派遣されていたそうで、私が今読んでいる「ザ・スナイパー イラク・アフガン戦争の狙撃手」に気持ちがオーバーラップします。勿論私も写真にサインしてもらったのは言うまでもありません。

さて次は「カンプバタリオン」さんです。
旧ドイツ軍の軍装品をメインに扱っているブースです。


ここの社長さんは私と年齢が同じで子供の頃、軍と言えばドイツ軍で戦争映画で決まってドイツ軍が負けるのが悔しかったそうです。こんな話しで暫し盛り上がってしまいました。


ドイツ軍の衣装の横でのワンショット。全体の雰囲気にチョビ髭が妙にマッチしています。

こんな男のオタク臭プンプンのブースに紅一点、看板娘を発見しました。


お客様の質問に熱心に答えているこの女性です。このいでたちで何でこの業界にいるのかが不思議なくらいチャーミングな方です。しかし話しによるとカンプバタリオンさんに中学校時代から通っていたらしく、それが現在に至っているそうです。そんな彼女にワンショットお願いしました。


何とも言えない素敵な微笑みです。私達夫婦はすっかりファンになってしまいました。
このブースでは良いお土産も購入することができました。それは後のブログで紹介します。

続いてはかわいい帽子に目を引かれてお邪魔した「サウザント・リーブス・レジメント」さん。


このかわいらしい装束はロシア革命時代の物のレプリカだそうで、ロシアでは歴史上重要な意味をもつ革命のため、それに関するイベントが各地で開催されこのような衣装が今でも多く生産されているそうです。
アメリカ南北戦争の軍服のレプリカもも同様の理由で需要があるとのことでした。

次に伺ったのが「レ・コレクショヌール」さん。



代表の方がホルスターとドイツ軍のヘルメット(実物)を持って写真に納まってくださいました。
「名刺がないので出店プレートの写真も一枚どうぞ」とユーモアもタップリ。
この方も私と同世代でドイツ軍話しで盛り上がってしまいました。
ちなみに手にされている本物のドイツ軍ヘルメットは子供の頃、私が父親にねだったことがある物で、当時(40年程前)に約10万円していました。勿論、買ってもらえるはずもなく樹脂製のヘルメットで我慢した記憶があります。
今も同様に10万円程度の値段だそうですが、当時の貨幣価値(1ドル360円の時代)は今の3倍程なので約30万円程の代物だったようです。買ってもらえるわけはなかったはずです。

そして締めくくりのワンショットはこれです。


旧帝国陸軍スタイルで軍刀を構えてポーズを決めてくれたこの方です。ドイツ軍、アメリカ軍ではなく何で旧帝国それも陸軍なのでしょうか。
もし夏のブラックホールでお会いしたら是非たずねてみたいと思います。

長くなりましたが、以上が2013' GWブラックホールの大まかな様子です。
新春や夏ほど混み合っていないので各出展者の方々ともゆっくり話もできますし、お目当ての品の品定めもじっくりできるというメリットもあるGWブラックホールは結構、狙い目ではないでしょうか。

男性は子供のころに「戦争ごっこ」をした記憶が少なからずあるはず。
初めての方も一度覗いてみると病みつきになるかもしれないそんなイベントがブラックホールで、これからも長く続いてほしいものです。

最後になりましたが私達のつたない質問に快く答えてくださった各ブースの皆様、写真に納まってくださった皆様、本当にありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。

また8/3(土)、8/4(日)開催予定の夏のブラックホールでお目にかかれることを楽しみにしております。





2013年4月11日木曜日

第11回 トウキョウジュウホウ主催 FT空気銃安全射撃大会観戦





今回は4月6日に開催された㈱トウキョウジュウホウ主催FT(フィールド・ターゲット)空気銃安全射撃大会の観戦に栃木県にあるニッコー栃木県総合射撃場を家内と共に訪ねた。その様子を写真を交え全体の流れに沿って書きましたので少し長くなっていますがご容赦を。


最近はキジやカモなどの小動物のハンティングにはエアライフルを使うハンターが増えつつあるということで、欧米ではこの狩猟用高性能プレチャージ式空気銃を射撃に取り入れたFT(フィールド・ターゲット)射撃が危害予防や射撃技術の向上などに貢献しているそうです。
日本では空気銃射撃場の許可条件の法的規制等で普及がなかなか難しいようですが、そんな中ニッコー栃木総合射撃場は50m以上の遠距離射撃が可能な本格的シューティング・レンジです。

それでは大会の開始です。レンジ内はこのようになっています。


射座からターゲット方向を見た様子です。最大で150mの射撃が可能だそうです。今回は50mと100mの距離で競技が行なわれました。

競技前のミーティングの様子です。射撃大会開始前のミーティングということでもっと張り詰めた雰囲気かと思いましたが、皆さん顔見知りということもあってか非常にリラックスした雰囲気で、私達部外者もすんなりと入り込むことができました。


いよいよ競技の開始です。各選手とも銃の調整に余念がありません。


まず最初に50m射撃です。競技に入る前に5~10分程度の試射タイムがありターゲットの横に設置された試射用の的を使いスコープ、レストの調整を行ないます。50mの距離ではさすが肉眼では着弾位置の確認が不可能なため各自用意したスポッティングスコープで都度確認します。

試射が終了するといよいよ本射撃です。中央に16mmのヒットゾーンがあるクラッシュ・ターゲットを用い40発を40分以内で行ないます。クラッシュ・ターゲットとはその名の通り、弾が当たると割れるようにできていて、焼き物というか石膏というかそんな感じの材質でした。




 割れれば10点、割れなければ0点と非常に分かりやすい配点です。ちなみに完全に割れなくても少しでもかすって欠けていればO.Kとのこと。
そして40発40分の射撃が終わるとすぐさま大会本部にてすぐさま採点が行なわれます。


㈱トウキョウジュウホウのスタッフにより厳しさの中にも優しさのある採点風景です。この時ばかりは各選手とも「このターゲットはよく見てもらうと分かるけど、ここの端がほんの少しかすっているんだよ」など得点に対する執念に、和気あいあいな中にもライバル心が見える場面です。

ちなみに奥に見えるテーブルには今回は販売はしていなかったものの、㈱サイトロンジャパンのミニブースがあり、各種スコープやグッズ、非常に明るく視覚性にすぐれたスポッティングスコープなどが展示され参加者の興味を引いていました。

次は100m射撃です。写真がないのですがターゲットが貼ってあるボード自体も目を細めないと見えないくらいな距離で、風の影響もさらに無視できないレベルとのこと。それでなくても50m射撃に比べ約45㎝着弾位置が下方にずれるそうです。

100m射撃は20発を20分以内で行いますが、その前に50m射撃同様の試射タイムがあります。この頃になると少し風が出始め各選手を悩ませていたようで、やはり風は軽い弾を使う空気銃にとって大敵のようです。

本射撃に用いられるターゲットはNCターゲットという7.5㎝の的に当たると周辺が蛍光色のリング状に変化するもので、Gun Magazineのシューティング特集などでよく見かけるターゲットです。
的内であればどこに当たっても10点ということで、逆に言えば当てることすら難しいということです。


採点風景です。100mも離れた場所からよくもこんなサイズのターゲットに当たるもので、空気銃だからと侮れない性能そして射手の腕です。

いよいよ得点の発表です。この得点表の貼り出しかたも何か車で言う草レース的な感があって和めます。1位~6位が入賞とのことで各選手とも集計表に目が釘付けでした。


一人ダントツの高得点の選手がいます。皆が先生と呼んでいた方です。50m、100m射撃とも得点が安定していて、600点満点で確か460点(記憶違いでしたらごめんなさい)をたたき出していました。後半かなり風が出始めた状況下を考えると凄いことです。

優勝はこの方です。



この一年間猛烈に練習を重ねた結果が今大会で花開いたということで、普段はカラスなどの有害駆除に尽力されているそうです。賞品は6万円相当の銃のレストで、普段も同機種を使っているようでしたが「これはいくつあっても良いから」とコメントされていました。

最後は入賞者と参加者全員の記念撮影です。



皆本当にいい顔をしています。
こうして事故もなく無事大会が終了しました。当日は爆弾低気圧の通過で全国的に大荒れの天気になるという予報でしたが、ここだけはそんな予報がうそのように穏やかで時折、陽も差す程で今日という日を心待ちにしていた選手の皆さんの思いが通じた一日となりました。

私と家内は生まれて初めて射撃場という場所に足を踏み入れましたが、あまり違和感なく大会を楽しむことができ、約5時間ほどの時間があっという間にすぎた感じです。
選手の皆さんのキャラクターも様々で一発撃つたびに何か一声発する方がいたりと見ていて本当に楽しめました。この方が年間30羽程のキジを射止めるそうでそれを聞いてまたびっくりです。

本大会も10年ほど続いているそうでまた来年の開催が予定されています。いかんせん空気銃といえども実銃の狩猟用ライフルなので誰もかれもほいそれと簡単に足を踏み入れられる訳ではないかもしれませんが、大会の観戦だけでしたら知人が参加するなどチャンスがあれば是非足を運んでみてほしいと思います。

最後に選手の皆さん、㈱トウキョウジュウホウのスタッフの皆さん、㈱サイトロンジャパンのスタッフ皆さん、及び大会関係者の皆さん、一日本当にお疲れ様でした。
そして私達に新しい世界を堪能させて頂き本当にありがとうございました。

なお、今大会の模様はGun Magazine 6月号に掲載される予定です。そちらも併せてお読み頂ければと思います。