2012年11月20日火曜日

モノラルをOLD JBLで聴く


フレームに型式の刻印がある初期型D131、最初期型の075、2.5kHzクロスのN2500、オール米松合板のエンクロージャー。1956年当時のまだメーカーが世界中で受け入れられる音をめざすわけではなく、ひたすら自分達の音を追求していた時代のまさにJBLがJBLの音を発していたシステムである。言い換えればユーザーに媚びた音ではなく、「これが我々の音。気に入らないなら他のメーカーをどうぞ」という感じであろうか。

最近はこのシステムでモノラル音源を聴くことが多い。ステレオ音源をあえてモノラルにして聴くこともある。ステレオ音場では味わえない音の密度、力強さ、充実感、そして音楽そのものの安定感が格段に増して聴こえる。
あたり前のことだが自然界にステレオで発せられる音などはなく、楽器の世界も同様でピアノにしてもサックスにしてもモノラルなのである。それらの音がただ人間の左右の耳に届く時間差により広がりをもって聴こえる(ステレオ感)というだけの事である。これが本来の音場で、あてステレオシステムなどで再生する必要はないはず。
そもそもオーディオ機器がステレオ化されたのはレコードの録音がその様になったからで、ある意味レコード業界につられた感がある。更に二匹目のどじょうを狙って4チャンネルなるものも開発されたが、ほとんど見向きもされず短命に終わっている。

このように私の好きなモノラルは音が不必要に動かないので聴き疲れがなく、またリスニングポジションが特定されない。簡単に言えばどの場所で聴いても良い音が楽しめるというわけだ。これは長時間のリスニングには非常に大切なことで、なにか他の作業をしながら聴くには最適である。

こんなに古いスピーカーから奏でられるモノラル録音の音楽が現代のオーディオに物申すとでも言いたげに今日も鳴っている。






2012年11月15日木曜日

ノンアルコールビールとオーディオ


最近のノンアルコールビールは美味しくなった。この種の飲料の草分け的なバービカンの時代からすると考えられないくらいの進歩だ。
第三のビールも十分ビールに太刀打ちできるレベルに到達したが、ノンアルコールがここまでくるとは思わなかった。
普段はアルコール入りビール(おかしな言い回しだが)を飲む私もオーディオ機器のセッティングをしながらちょっと一杯などという時はアルコールが入ってしまうと感覚(聴覚)が鈍くなり余りよろしくない。酔いがさめた時に聴くと「何だこの音」となってしまうことが多いのでこんな時ノンアルコールビールは重宝する。セッティングは体を使うので結構ノドが乾く作業なのである。

ここまで美味しくなったならもうビール(本当の)は飲まなくても良いんじゃないと言われそうだが、いやそうではない。よくもここまでビールに近づいたということでまだ完全ではない。
オーディオの世界では俗にいわれるビンテージ機器と現代のハイエンド機器の音。この二つにはどうしても埋まらない音に関する溝がある。それは作られた年代の違いからくる技術の差もあるが、現代では手に入らなくなったり、使用が規制されてしまった材料、物質からくるものが多々ある。音が良いとされるオイルコンデンサーに使用されていたPCBはその音に大きく貢献していたと言う。ノンアルコールビールや第三のビールも製造技術で補える部分はもう限りなく頂点付近まで到達していると思う。やはり後はビール以外で使って良い物いけない物、税金に絡む麦芽の含有量などが「あと一歩」を拒んでいるのかも知れない。

しかし今までビールが飲めなかったシチュエーションで気軽に楽しい気分が味わえるノンアルコールビールは今後増々人気が高まっていくジャンルではないかと思う。
だだ、アルコールが入っていないので冬に飲むと体が冷えてしまうのが私には最大の「あと一歩」であるが。

2012年11月6日火曜日

エルサウンドの電源


この電源は良い。

私は日頃パソコンからの音源再生にDDコンバーターを使っている。これは通常PCからのバスパワーで作動するのであるが外部電源の接続も可能となっていて、メーカーは外部電源を接続したほうが音質的にもメリットがあるとアナウンスしている。

ところが製品には最初「動作確認用」と称して見るからに安っぽいスイッチング電源タイプのACアダプターが付属してくる。
DDコンバーターの入力電圧が9〜12Vであるのに対し、付属のものは8Vである。聞くところによるとこのDDコンバーター、出荷の時期により付属のACアダプターの出力電圧はばらばらのようで知人の製品には9.5Vのものが付属していたらしい。いやはや適当なものである。

そこで以前から気になっていたエーワイ電子(ブランド名:エルサウンド)のアナログ電源の導入となった。大阪にあるLED関連製品をメインに手がけている会社でオーディオ関連はほとんど社長の趣味が高じてのことらしい。
しかしそのラインナップはなかなかマニアックで、しかも低価格。この電源もそんな中のひとつである。
トロイダルトランス搭載で整流回路にはSBD(ショットキーバリアダイオード)が用いられ出力電圧12V、電流容量は2.5Aと余裕たっぷり。
そしてこの製品の更に良いところは、電源からのノイズリダクションに関する回路が何も入っていないところである。
ノイズリダクション回路が入っている機器の音は、どのような高額機種であっても何かが足りない音色になり私は嫌いだ。

音出しをすると一聴して音が滑らかになり、余韻が美しいことが分かる。そして中低音の骨格がしっかりしてくるので音の安定感が増す。音の滑らかさ、余韻に関してはバッテリー駆動でも再現できるが重心の低いガッチリした音のニュアンスはやはり100V駆動に軍配が上がる。
それとバッテリー駆動は電池容量の低下と共に音質が変化するのも長時間のリスニングには不向きである。
しかし電源の重要性は分かっていたがここまで違うとは驚きで、価格もこの音質で16,000円。ACアダプターに疑問をお持ちの方は是非試してみる価値があるのではないかと思う。