2012年10月22日月曜日

オリジナル盤に思う



ジャズのオリジナル盤は相変わらず高値がついている。誰もが知っていてCDで何度も再発が繰り返されている人気盤などはとてもレコードとは思えない値段だ。

そんなオリジナル盤の魅力はやはり音の良さと発色などを含むジャケットの素晴らしさであろうか。
しかし何で50年も60年も前のレコードがこんなにも魅力的で良い音がするのか。よく言われるのが当時の録音機材に味わいのある音がするものが多かったということ、例えば真空管の録音アンプを搭載したテープレコーダーや調整卓など。
しかし今聴いても力みなぎる太い音がする最大の要因は、そのような音がする機材で録音した音を記録した磁気テープ(マスターテープ)が当時はあたり前だが新譜の録音なので非常にフレッシュであったということ。磁気テープの宿命である録音後の保存の段階で時が経つにつれて起こる直接音質に影響する転写や磁気特性の劣化などがない。
したがって何十年も経って劣化してしまった現在においてマスターテープからいかに直接デジタルマスタリングしようが当時の音には到底及ばないのは当然である。
まして今は各レーベル共に貴重なマスターテープの貸出は一切おこなっていないようで、デジタルコピーしてもらった音源からアナログ盤を制作している状態であるらしい。
現代のレコードが要は記録媒体がレコードというだけの言わばアナログ盤もどきであることを考えるとデジタルプロセスが全く介在していないオリジナル盤は音が良く非常に貴重な物であることが理解できる。

減りはすれど増えることは決してないジャズのオリジナル盤。いつまでも大切にしたいものである。とこんなことを書いている当の私はアナログ盤とはまた違った魅力的な音がするハイレゾ音源も大好きなのだが。

2012年10月15日月曜日

湘南Beach FMと小さなネットラジオ


「Midnight Jazz」 葉山マリーナのBeach FMから24:00〜26:00に毎日オンエアされている大人の音楽が流れるお気に入りの番組である。

今のいわゆる一般的なFM放送はせっかく高音質での放送が可能なFM波を使用しているにも関わらずその番組内容は単なるトーク番組と化してしまっているのが悲しい。
それとやたらと流れてくる道路交通情報と天気予報。すでにFM放送は家庭のオーディオ機器で再生するソースではなくなってしまっていると感じているのは私だけであろうか。

そんな中、最近はまっているのが上記した「湘南Beach FM」である。朝と昼の時間帯の番組は一般的なFM放送と大差ないが(喋りは数段静かである)夜の番組はいわゆる「大人系の音楽」が多く流れ、そんな中の一つが「Midnight Jazz」である。

私はこの番組をオーディオ機器でも聴くが、我家のWi-Fi環境を利用してコンパクトなネットラジオ専用の機器を各部屋に置きそれから聴くことも多い。
家内がネットで5,000円程で入手したこのラジオ、小さい割に音もなかなかで響きの良い部屋や、そこそこの音量で聴くには必要十分な働きをしてくれており、真空管が暖まってくるのをしばらく待ってから音出しを始めなくてはいけないオーディオ機器にはないメリットもあり大変重宝している。ある意味これも立派なPCオーディオである。

しかしこうしてこの番組を聴いていると、FM放送とはつくずくこうあるべきだと思えてならない。昔、日本のFM局もゆくゆくは多局化し海外局のようにそれぞれのジャンルの曲を専門に流すようになってくると言われたことがあったがそれもはかなく消えてしまった。
今は日本中にあるミニFM局にがんばってもらい、往時のFM放送の雰囲気を是非継承していってもらいたいものである。