2012年9月28日金曜日

良き時代のRCボート



AQUA NEWLINE - 20
コンパクトなレーシング・ハイドロ艇である。エンジンは勿論当時ハイパワーを誇ったイタリア製SUPER TIGER - 19でABC HOBBYのパーツを用い非常に入念に組まれており実際に競技に出場し、その都度手を加えていった痕跡が随所に見られる本物の一挺である。

そうこれは私が組んだ物ではなく随分昔に家内(まだ彼、彼女時代)と神戸に旅行をした時、三宮ガード下の古物屋の片隅に非売品として眠っていた物を格安で譲ってもらい梱包もなしのこのままの状態で新幹線に乗って持って帰ってきた逸話のある品である。

私がRCボートに最初に接したのは幼少期に住んでいた博多の大濠公園という大きな池がある公園であった。ここは当時RCボートのメッカで競技ではないが、いつも誰かしらがRCボートを走らせており見物の人だかりができていた覚えがある。
今思えば井の頭公園をもっと大きくしたような場所で水面に油膜を浮かべながらエンジン挺をガンガン走らせていたわけで、ある意味何でもO.Kの良い時代だった。
そのうちそんな私もRCボートの魅力に惹かれ自身で作り走らせるようになったが、日常的に遊べる場所も序々になくなりいつの間にかフェードアウトしてしまった。このボートはそんな想い出を久しぶりに呼び覚ましてくれた一艇である。
余談だが家内は昔ラジコン店でアルバイトをしていたことがあるそうでエンジンヘリのホバリングが得意とのこと。妙な巡り合わせである。

そんなラジコンも今は環境の問題でエンジンモデルを日常的に気軽に走らせたり、飛ばしたりできる場所が本当に少なくなった。しかしラジコンといえばやはりあのグロー燃料フライトマックスの燃える香りと甲高いエンジン音のイメージで、このハイドロ艇もきっと当時は心地よい音と香りをふりまきながら池を爆走していたに違いない。今は静かに佇むその姿を眺め当時の走りに思いを馳せている。


2012年9月27日木曜日

エレキを飾る



現在リビングには家内が弾く電子ピアノが置いてあるが、リビングでオーディオを楽しむ私としては見た目に楽しい楽器を何か一つ飾りたいと考えていた。そんな折、近所のリサイクルショップでレスポールタイプのこのギターを見つけた。
何やら怪しいフォトジェニックというブランドのエレキで勿論中国製。ディスプレイ用のスタンドをサービスしてくれて一万円という一応動作確認済み、3ヶ月保証付きの品である。
しかし私は生まれてこのかたギターというものを弾いたこともなく、ほとんど触ったこともないのでこのあたりはどうでもよく、飾った時に見た目がきれいでリビングやオーディオ機器にマッチしていることが大前提のまさに飾り用ギターである。

ギターは弾いたことはないが増幅用アンプが真空管アンプであったり、スピーカーがJBLの物があったりとオーディオとは非常に近しい関係にあるのがエレキ。
私が現在使っているパワーアンプの出力管もギターアンプに使うと非常に魅力的なサウンドを奏でると言われている球で、かのスティービー・レイボーンのサウンドはこの球が担う部分が大きいとまで言われていた。この真空管も現在ロシアを中心にレプリカが製造されている。

そんなことでリビングに新しい仲間が増えた。艶々と奇麗なボディーであるが、我家の黒パグは新しい物や、興味を引く物には濡れた鼻をピッタリとくっつけ、最後に「フン」と鼻を鳴らし鼻水を飛ばすのがお決まりなので、それを拭き取って磨くのが日々の日課になりそうである。

2012年9月22日土曜日

SIGNETのハンドツール


先日ホームセンターの片隅で処分価格のついたコンビネーションレンチとラチェット用のソケットを見つけた。
SIGNETというメーカーの物で名前は知っていたものの、実際に手にしたのは今回が初めてである。ぱっと見た瞬間に「うーんこれは」といういつもの閃きで、サイズ的には普段使わない25mmと20mmであったが、2点で1,500円にも充たない金額ということもあり即購入した。

家に持ち帰りじっくりと触ってみるとメッキもしっかりしており、ソケットの内側の造形もきちんとしていてなかなか良い工具という印象である。
調べてみれば創業は1999年で日本、カナダとあともう一国で出資してできたメーカーのようで本拠地はカナダである。自前の生産ラインは持っておらず完全なOEM供給で仕上げに関してのみ自社からスペックを指定して発注しているようである。
特にギアレンチ(メガネ側がラチェットタイプになっているもの)で有名になったらしく,そのギアレンチは日本製ということだ。

私が工具を買い始めた25年程前は、国内メーカーもやっと高級品(KTCのミラーツール等)を出し始めた頃で、それでもまだスナップオン等とは格段の差が感じられ、特にラチェツト関係は雲泥の違いだった。
ところが最近はホームセンターで手に入る比較的安価な工具でも、よほどこだわりを持ったメカニックの方々でなければ充分仕事がこなせるまでのクオリティーを持っている。
それはスナップオンのレンチが1mm刻みでツールチェストに収まっている様は素晴らしいものがあり、大いに所有欲を満たしてくれる。
しかし趣味のツールマニアとしては、反面それはあたり前すぎて面白くない部分もある。そんな時、たまたま行ったホームセンターの片隅で今回のようなちょっとしたスパイス的工具を発見すると妙に満足感が得られ幸せな気分になるのである。




2012年9月17日月曜日

INGRAM M11発売


私の大好きなINGRAM M11がマルゼンより発売される(された)ようです。
最初に発売された当時はマックイレブンと呼んでいましたが今回は単純にエムイレブンと呼んでいます。
何と言っても今回の特徴は以前は別売品扱いだったハンドストラップ、サプレッサー、そして50連装ロングマガジンが付属したフルセットでの発売ということです。
M11好きなら恐らくこれらが別売品であっても全て手元に揃えたいはずですから今回の企画はなかなか良いのではないでしょうか。
ブローバックのスピードも素晴らしいようで小型SMGの醍醐味が存分に味わえそうです。

以前に書きましたが、私は昔MGCから発売になった火薬による排莢を楽しむいわゆるモデルガンのM11を所有しています。このモデルは重量といい樹脂でできたボディーといい、当時としては満足のゆく仕上がりでした。私は実際に使用していない時にも手にとった時の感触や鑑賞に耐えうる外観を望むほうなので今回のモデルがその辺りをどのくらい再現してくれているのかも興味を惹くところです。
しかし久しぶりにINGRAM M11にスポットを当ててくれたマルゼンには感謝です。
これを期に私が愛して止まない(大好物な)INGURAM M11に多くの人が接してくれればなと思っています。

写真の右側に写っているのは1996年Gun誌のM10、M11の特集の写真です。
たかだかこんな小さなSMGなのに本物の存在感、質感、迫力には今更ながらに圧等され目がくぎ付けになる一枚です。

2012年9月14日金曜日

夏に涼しげ白ゴーヤ


今年はオーディオ機器が置いてあるリビングの日除けと遮熱対策を兼ねてゴーヤの棚を作った。普通に植えておけばグリーンのカーテンになるかと思いきや、放っておけばツルはあたり前の如く上に延びてゆくばかりで葉はカーテン状に茂ってはくれない。
ひたすらネットの網目に沿って右へ左へと誘引を毎日繰り返しようやく完成したグリーンのカーテンに見た目も涼しげに実ったのが写真の白ゴーヤである。
庭にあるフレンチブルーの作業テーブルに乗せてみるとそのコントラストが美しい。

こうやって収穫したゴーヤを庭先で前出のナイフとアウトドアストーブを使って早速調理する。暑い中、モウモウと黒煙と炎に包まれてプレヒートを終了し着火。炎が安定してしたら調理開始である。メニューはあたり前だがチャンプルー。恐らく炒めている時間よりストーブの準備の方に時間がかかっているのだが、このストーブをわざわざ使いたいのだからしょうがない。趣味とはこういうものである。
市販の味噌味の効いたモツを一緒に炒めるのが我家流で、それに卵と焼肉のタレを少々加えるとマイルドな苦みの白ゴーヤとの相性は抜群でビールの友にもご飯の友にもなる。

こうしてできあがった白ゴーヤチャンプルーを冷えたハートランドビールと共に食す。ZOOT SIMSのサックスが少し開けた窓から聴こえてくる。至福の時だ。
今年の夏は異常に暑く感じるが、こんな時だけは「やっぱり夏は暑くなきゃ」と勝手なことを思う。
何も何処かへ出かけなくとも庭先でもこんな気持になれる。まさに趣味は日々の彩りであると実感した一日だった。


2012年9月3日月曜日

Optimusアウトドア用ストーブ - RANGER


Optimus RANGER オプティマスの灯油を燃料とする小型のストーブである。
15cm四方ほどの箱の中に燃料タンクと大型のバーナーを備えたRANGERの名が示す通り小型ながら火力も充分な本格的モデルだ。
このモデル燃料が何処でも手に入り、価格も易い灯油というところが便利そうで手軽な感じがするが、取り扱いの難しさ(着火)に関しては数あるストーブの中でトップクラスだと思う。

まずタンクに灯油を入れ、蓋のニップルに付属の加圧ポンプを差し込みポンピングを行うが、通常のホワイトガソリンを使うモデルより更に充分に加圧する。
次にバーニングペーストをバーナーの下の皿にたっぷりと置きバーナー部がチンチンに加熱するまで、これでもかという位にプレヒート(予熱)を行う。灯油は不純物も多く気化しにくいためこの作業を充分に行わないとバーナーから灯油が霧状に出てしまい上手く着火しない。
バーニングペーストが燃え尽きてきたら火力調整ツマミを回し点火する。点火後に火力を安定させるのが大変でしばらくの間、黒煙と炎が激しく立ち上るが、それに驚かず火力調整ツマミの開閉を小刻みに行っていくとやがてオプティマス特有のキレイな青い炎でバーナー全体が覆われる。

以上が着火までのおおまかな流れである。特に一般的な家庭用灯油での着火が難しく、慣れるまでは割高になるがWHITE BEAR等の不純物の少ない灯油を使ったほうが良いかもしれない。なんだか面倒くさく扱い難く感じるアウトドアストーブであるが、災害時などはホワイトガソリンやガスカートリッジの入手が極めて困難になるはずなので、このような灯油が使用できるストーブは絶対に重宝するはずである。